節電

  1. 【2017年2月25・26日 第21回『暮らしのフェスティバル』に出展♪台数限定で大特価品あり!

    第21回暮らしのフェスティバル2017が、松本めいてつショーホールにて開催されます。日時は、2月25日(土)10:00~17:00 2月26日(日)10:00~16:00 となります。

    続きを読む
  2. 中部電力より新しい料金プラン登場~毎月150円割引のプランも!

    東京電力に続き、中部電力からも新たな電気料金プランが8種類登場しました。私たちの住まいは今まで中部電力からしか電気を買うことができませんでしたが、4月から始まる「電力小売り自由化」によって、一般家庭のみなさんも電気の購入先(電力会社)を自由に選ぶことができるようになります。

    続きを読む
  3. HEMSでラクラク節電ライフサポート ~節電して儲かる?~

    HEMSで出来ることわかることHEMSはラクに節電できる生活をサポートします。ご自宅の電力状況のチェックやHEMS対応機器の操作は、お手持ちの端末(テレビ・スマートホン・タブレット)などでできます。 基本・電力状況をチェック! 実際に使った電気料を清算。さらに予測もしてくれます。

    続きを読む
  4. HEMSを入れると節電になるの?

    HEMSの役割は、大きく分けて2つ 単に電気の使用量を減らすムリな節電は、不便でかつ健康を損なう危険もあります。そこで私たちが行う節電は電気の使い方を工夫することが大切です。そのためにはどのように電気を使っているのかを知る必要があります。それを「見える」ようにするのがHEMSです。

    続きを読む
  5. 時間帯によって電気の値段が変わります!電力小売り自由化は、電気代を見直すチャンス!

    ご家庭に合った電力メニューが自由に選べるようになるのが2016年4月の「電力小売り自由化」です。

    続きを読む
  6. 個人の家でも電力会社が自由に選べるようになるって本当?

     電力会社1社しか選択肢がない現状では、言われるまま電気代が上がっていきます。 しかし、複数の電力会社から選べるようになると企業間で競争が起き、料金が下がったり、付加サービスが受けられるようになります。そんな状況が2016年にやってきます。

    続きを読む
  7. 【2015年4月12日】第21回勉強会 家庭用蓄電池セミナー

    唐木電設主催:第21回勉強会『家庭用蓄電池セミナー』蓄電池を賢く活用して省エネ生活! 日程:2015年4月12日(日) 時間:10:00~12:00 会場:いなっせ 会議室501号室伊那市荒井3500-1 TEL.0265-78-5801※駐車場無料...

    続きを読む
  8. オール電化との相乗効果で予想以上の効果が出ています

    ■設置のきっかけ 伊那市高遠町で悠々閑的な暮らしを送るK様は、神奈川県のご出身。田舎暮らしをするために7年前にこちらに移住してきました。太陽光発電は以前から関心があり、経済効果はそれほど期待していなかったものの、個人レベルで環境に貢献できることに魅力を感じていました。

    続きを読む
  9. さわやか信州省エネ大作戦

    夏がもうすぐそこまで来ていますね。連日のように省エネ・エコグッズの紹介などが取り上げられこの夏の節電に向けていろいろな対策案がなされています。その中で、長野県では中部電力浜岡原子力発電所の全面停止を背景に県民総ぐるみで節電をしようという取り組みを実施する事になりました。

    続きを読む
  10. 節電すると景品がもらえる??

    来月から、電気代を15%(前年比)削減すると何やら景品がもらえる夏の電力不足に対応した一般家庭の節電促進策が施行されるらしい。景品は提供してくれる企業があるという事。

    続きを読む
  11. 電気の見える化で節電意識が高まりました

    ■設置したきっかけ 平成23年2月に太陽光発電を設置したI様は、ご自宅に訪問販売があり、初めて太陽光発電に興味を持ったそうです。「年度末の補助金終了間近で余剰電力の買い取り単価も下がるかも…という時期だったたので設置を決めました。それから、何社か見積もりを依頼しました。

    続きを読む
  12. 電気代5,000円の節約ができた

    昨日、電気代のお知らせが来ました買い電金額をみてニヤリなぜなら、先月より5,000円程安くなっていたからです!!我が家では先月からこたつの使用を一切やめました部屋全体の暖房(灯油ファンヒーター)とこたつの電気をダブルで消費していたのを灯油ファンヒーターだけで兼用することにしたのです。

    続きを読む

Category

最近の記事

ページ上部へ戻る