買取単価

  1. 平成29年度の買取単価が決定しました

    平成29年度の再生可能エネルギー固定価格買取制度の買取単価が決定しました。住宅用太陽光(10kW未満)については、平成31年までの買取単価が公表されました。

    続きを読む
  2. 太陽光発電をご検討中の方は、お早目の申請を! 『設備認定申請』、『電力需給契約』の期限が決定しました。

    経済産業省資源エネルギー庁、中部電力より今年度の売電単価の申請期限が出ましたのでお知らせいたします。経済産業省資源エネルギー庁より『平成28年度中の設備認定等に係る申請期限について』の内容は下記の通りです。

    続きを読む
  3. 平成28年度 太陽光発電 買取価格が正式に決定しました

    平成28年3月18日に、経済産業省資源エネルギー庁より、正式にリリースされました。来年度の再生可能エネルギーの買取価格と賦課金単価です。太陽光発電に関する買取価格は、10kW未満の設備の場合、1kWあたり31円(27年度は33円)。

    続きを読む
  4. 平成28年度の売電価格(案)が示されました

    信濃毎日新聞(平成28年2月23日付)記事より経済産業省は22日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度で、2016年度の事業用太陽光発電(出力10kW以上)の価格を、1kWあたり24円とし、2015年度より3円引き下げる方針を示した。引き下げは4年連続。

    続きを読む
  5. 【2015年5月23日】第22回勉強会 あなたの売電今より高く売れること知ってますか?

    唐木電設主催:第22回勉強会あなたの売電、今より高く売れること知ってますか? 日程:2015年5月23日(土) 時間:10:00~12:00 会場:いなっせ 会議室501号室伊那市荒井3500-1 TEL.0265-78-5801※駐車場無料&nb...

    続きを読む
  6. 再生可能エネルギーの平成27年度の買取価格・賦課金が決定しました

    昨日3月19日付で、4月1日以降の買取価格が確定しました。

    続きを読む
  7. ★☆★補助金、消費税5%、売電単価38円の適用されるポジションは「今」です!!(住宅用太陽光発電)

    【住宅用太陽光補助金】今年度で廃止経済産業省資源エネルギー庁が平成25年度で5年目となる住宅用太陽光発電導入支援補助金を廃止する方向を打ち出しました。補助金は始まった当初から、平成21年度より5年間の時限措置だと公表しています。

    続きを読む
  8. 平成23年度余剰電力買取単価は42円?

    太陽光発電システムを設置して、発電した電気を自宅で使用し余った電気を買い取ってもらう制度が『余剰電力買取制度』です。平成22年度は、1kwhあたり48円(10kw未満の住宅用)でしたね。

    続きを読む
  9. どうなる?余剰電力の買取単価

    太陽光発電を設置して本当にお得だなぁと思う事はやはり余剰電力買取制度です平成22年度はこの買取単価が1キロワットあたり48円なんですがこれから太陽光発電の設置をお考えの方にとっては来年度の単価が気になるところですよね。

    続きを読む

Category

最近の記事

ページ上部へ戻る