たいようこう本舗日記

余剰電力買取制度

この制度は太陽光発電システムで作られた電力のうち、自家消費しないで余った電力を、1キロワットあたり48円で10年間固定で電力会社に売ることができる制度です。
2009年11月から始まっているこの制度のもとでは、自宅に太陽光発電システムを導入する全ての人が、自分で発電した電力(余剰電力)を売ることができます。その価格は住んでいる都道府県や市町村にかかわりなく一定です。補助金と組み合わせれば、10年以内に設置費用の回収をすることも可能とみられています。
2010年は1キロワットあたり48円(10年間固定)で買い取ってもらえます。来年度からはこの単価が低くなったり、制度が変わる可能性もあるので注意が必要です。
tarif.png
-----–≪CM≫-------------------------------------------------------
太陽光発電の設置は「スグ来る・スグやる」がモットーの電設屋へおまかせ!!
長野県上伊那郡南箕輪村にある(有)唐木電設です!!
唐木電設のホームページを見てみる >>

LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

最近の記事

ページ上部へ戻る