再生可能エネルギー固定買取制度

発電した電力を買い取ってもらえる制度です!

再生可能エネルギー固定買取制度は2009年(平成21年)11月から始まりました。
太陽光発電で作った電力を固定期間電力会社が買い取る制度です。
10kW未満の太陽光発電システム(家庭用)では、発電で作られた電力のうち自宅で使用せず余った電力を電力会社が10年間固定で買い取ります。
10kW以上の太陽光発電システム(事業用)では、発電した全ての電力を20年間固定で買い取ります。(※余剰売電も可)
太陽光発電を普及するため施行されたこの制度ですが、買取単価は導入コストを基礎に適正な利潤などを勘案して、毎年見直されており、下記の通り年々下落しています。その代り機器価格も下落しています。
この制度のもとでは、自宅に太陽光発電システムを導入する全ての人が、自宅で発電した電力(余剰電力)を電力会社に売ることができ、その価格は住んでいる都道府県や市町村に関わり無く一定です。

10kW未満設備(主に住宅用)

太陽光10kW未満システムの買取価格推移 ※中電管内は出力制御対応機器設置義務なしの価格です。

  • 平成22年 48円(税込)
  • 平成23年 42円(税込)▲6円
  • 平成24年 42円(税込)据え置き
  • 平成25年 38円(税込)▲4円
  • 平成26年 37円(税込)▲1円
  • 平成27年 33円(税込)▲4円
  • 平成28年 31円(税込)▲2円
  • 平成29年 28円(税込)▲3円
  • 平成30年 26円(税込)▲2円
  • 平成31年 24円(税込)▲2円

出力制御対応機器とは

電力会社によっては、出力制御への対応が異なるためです。
北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の受給制御に関わる区域において平成27年4月1日以降に接続契約申し込みが受領された発電設備には出力制御対応機器の設置が義務付けられ、これに外灯するものについては『出力制御対応機器設置義務あり』の価格が適用される。
機器のコストが考慮され、設置義務ありの買取価格の方が高い。
引用元:新エネルギー新聞4月6日記事

10kW以上設備(主に事業用)

太陽光10kW以上システムは、段階的に引き下げになりました。

  • 平成24年 42円+税
  • 平成25年 36円+税 ▲6円
  • 平成26年 32円+税 ▲4円
  • 平成27年 4月1日~6月30日 29円+税 ▲3円
  • 平成27年 7月1日~    27円+税 ▲2円
  • 平成28年 24円+税 ▲3円
  • 平成29年 21円+税 ▲3円

経済産業省 資源エネルギー庁

1200なっとく!再生可能エネルギー 経済産業省資源エネルギー庁のホームページ

LINEで送る

ページ上部へ戻る