たいようこう本舗日記

太陽電池モジュールの種類

太陽電池に使用されている太陽電池には現在、多結晶・単結晶・アモルファス等の種類があり、それぞれの電池の特徴をいかし、各署に使い分けています。日本で一番流通しているのは結晶系太陽電池パネルです。
【単結晶シリコン太陽電池】
・太陽電池セル全体がシリコン結晶になっている
・発電効率が高い
・メーカーは主に東芝、サニックス
【単結晶+アモルファス太陽電池】
・単結晶+アモルファスタイプは高発電タイプですがまだまだ高価なのが現状です
・太陽電池が設置できる屋根のスペースが少ないお宅や、発電効率を求められている方にお勧めです
・メーカーは主に三洋電機(HIT太陽電池)
【多結晶シリコン太陽電池】
・セルの中に複数の小さなシリコン結晶が入ったもの
・単結晶に比べ変換効率は若干低い
・リサイクルのシリコン原料で作られておりコストパフォーマンスがあり、今一番主流の太陽電池でサイズや形状が豊富にあります
・複雑な屋根の形状をしているお宅にお勧めです
・メーカーは主にシャープ、京セラ、三菱電機、フジプレアム
【アモルファス(薄膜シリコン)】
・主に屋根材型・陸屋根などのお家で耐風圧を気にされる方、遮熱効果も期待したい方にお勧めです
・メーカーは主にカネカなど
【CIGS化合物太陽電池】
・結晶シリコン太陽電池に比べ、曇りの日の発電効率がより高く、温度上昇による出力損失が少ないため、瞬間的な発電効率は劣っていても総発電量がシリコン太陽電池よりも多くなる特徴を持っている
・外観はシリコン太陽電池のようなブルーではなく、シックな黒色
・大きな屋根面積が必要になる
・メーカーはホンダソルテック
-----–≪CM≫-------------------------------------------------------
太陽光発電の設置は「スグ来る・スグやる」がモットーの電設屋へおまかせ!!
長野県上伊那郡南箕輪村にある(有)唐木電設です!!
唐木電設のホームページを見てみる >>

LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

最近の記事

ページ上部へ戻る