省エネ設備工事

  1. 太陽光パネルからの落雪にご注意を!

     例年、雪の降る季節になると屋根に設置した太陽光パネルの上に積もった雪が落下し、カーポートや、自動車、植栽等の器物や人身に損傷を与える事故が発生しています。

    続きを読む
  2. 省エネ住宅ポイントの予算が残り20%を切りました。

    <2015/10/23追記>10月21日17時をもって、省エネ住宅ポイントは終了しました。省エネ住宅ポイントとは、自から居住することを目的としてエコ住宅を新築される方と、エコリフォームをされる方にポイントを発行しています。ポイントは商品や商品券と交換できるのです。

    続きを読む
  3. 『始めようソーラー生活』失敗しない太陽光発電システム選び4つのポイント~JPEAがパンフレットを公開しました

     一般社団法人太陽光発電協会が、これから太陽光発電を設置検討されている方を対象のパンフレットを公開しました。 是非一読していただけたらと思います。下記抜粋。

    続きを読む
  4. SIIが蓄電池補助金の予算残額を公表しました。

    一般社団法人環境共創イニシアチブは、蓄電池補助金の予算残高を公表しました。130億円の予算で、今年の3月から始まり6月8日時点で残額22億円だそうです。このペースですと今月末には予算終了が予想されます。

    続きを読む
  5. パナソニックより、なんと22万円プレゼントキャンペーン始まります!

    パナソニック 太陽光・蓄電池 プレゼントキャンペーンパナソニックの住宅用太陽光発電システム・蓄電システム発売22周年を記念してダブルでお得なキャンペーンが始まりますよ!詳しい案内等はまだ公表されていませんが、太陽光発電と創蓄連携システムの設置で、22万円のプレゼントと、かなりの大盤振る舞...

    続きを読む
  6. 高圧受電設備の電気工事 ~通線~ 【画像10枚】

    今日の現場は、地上設置の太陽光発電所です。写真は、高所作業車より15m上から見下ろして撮影しました。発電所の規模は300kW超えで、自家用電気工作物となり高圧配電線との連系となります。

    続きを読む
  7. 塩尻市 家庭用蓄電池補助金早くも終了

    塩尻市の補助金情報ページ家庭用蓄電池を設置する際に補助金がもらえる長野県唯一(※松本市も出ます)の塩尻市で、先着3件分の補助金が終了してしまいました・・・。4月8日受付開始で、1週間足らずでの終了です。

    続きを読む
  8. 再生可能エネルギーの平成27年度の買取価格・賦課金が決定しました

    昨日3月19日付で、4月1日以降の買取価格が確定しました。

    続きを読む
  9. 上限100万円!!蓄電池設置で補助金がもらえます!

    平成26年度補正予算「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金」【補助額】・蓄電システムの購入価格と蓄電システム毎に定められた目標価格との差額の2/3以内【設置場所ごとの補助上限額】・1住宅あたり上限100万円(予定)・1事業所あたり上限1億円(予定)補助金をもらう...

    続きを読む
  10. PV EXPO 2015 第8回国際太陽電池展 第6回太陽光発電施工展

    今年も行ってきました!2015年2月25日~27日の3日間に東京ビッグサイトで開催された「スマートエネルギーWeek2015」広い会場内、端から端までチェックしてきました!今年は「カーポート」「透過性パネル」「自動追尾型」が多く展示されていたように感じました。

    続きを読む
  11. 平成27年度 太陽光の売電価格の案が発表されました

    2月24日に経済産業省資源エネルギー庁で開催された、第19回調達価格等算定委員会にて、平成27年度の調達価格(※)の「委員長案」が公表されました。(※調達価格とは・・・発電した電力を電力会社へ売却する際の買取価格の事で、1kWあたりの売電単価になります。

    続きを読む
  12. にこにこ!あんしん価格!2015年

    太陽光発電システム費用は下落推移しています太陽光発電システムは設置後の経済的なメリットばかり強調されがちですが、実際は初期投資にかかる費用が高額ですので、導入に躊躇されている方もおられると思います。

    続きを読む
  13. 電圧上昇抑制とは

    電圧上昇抑制って何? 『電圧上昇抑制(でんあつじょうしょうよくせい)』とはその名前の通り、電圧が上昇しないように抑制するパワーコンディショナの機能です。以下、詳しく解説していきます。 電気が売れるしくみ 電気は水と同様、高いところから低いところへ流れます。

    続きを読む
  14. 【最新】PV EXPO 2014 国際太陽電池展・施工展

    今回で5回目の開催となる「国際太陽電池展・施工展」会場はとにかく広い!!(約550社の出展、3日間の開催で来場者数67,272名)2日間かけて、新商品・新工法のチェックをしてきましたよ!今年、出展が目立ったのは農地に設置する農営型太陽光発電システムです。

    続きを読む
  15. ★★★2月28日が設備認定の締め切り目安です

     現在、経産省資源エネルギー庁のHPに、「25年度末の設備認定について」というお知らせの中に「本年2月28日を超えて申請書類が提出された案件については、年度内での認定作業は事実上困難となります。」と記載されています。 経産省に確認したところ、上記の内容は「設置容量に関係なく」です。

    続きを読む

Category

ページ上部へ戻る